相続税等に関する
相談・申告書の
作成提出

遺産相続が発生して相続税の申告が必要になった場合、10か月以内に“相続税申告書の提出”と“相続税の納付”をしなければなりません。

一見長いようですが、相続財産の確認、財産の相続税評価額の計算、遺産分割の内容の決定などやらなければならないことがたくさんあります。
また、預貯金や不動産の名義変更なども同時に進めていくことになります。

当事務所では、お客様の立場や気持ちを尊重しながら、弁護士さんや司法書士さんと一緒にお客様の財産を守り、お客様に安心していただける頼れる専門家としてお手伝いをさせていただきます。

贈与税の相談・申告

確定申告と同時期に行われるのが贈与税の申告。
最近は住宅取得資金の贈与に関するご相談が増えてきています。

贈与は、やり方を間違えると大きな税金を払うことになってしまう場合もあります。
住宅取得資金や不動産の贈与などは、必ず実行前に税理士に相談をしましょう。

岡山で生前贈与や相続対策をご検討の方は、お気軽に当事務所までご相談ください。

生前からの相続対策も
サポート

相続税対策は早く始めるほど効果が大きくなります。
まずは相続税の試算から、生前贈与・相続時精算課税などについて様々な選択肢を検討します。

岡山で農業や不動産賃貸をされている方は、特に早めにご相談ください。

また、遺言書作成のサポートも承っております。
遺言書について
遺言とは、自分に万が一のことがあった場合に、自分の財産(遺産)を「誰に?どれだけ?どのように?」託すか決める意思表示のことです。
この意思表示を、民法の規定に従って残した物が遺言書(遺言状)です。

遺言書はその人の「最終的な意思表示」として法的効果のあるものなので、法定相続に優先し、遺言書通りの効力が発生いたします。
また、在命中であれば基本的に何度でも内容を変更することが可能です。

相続後のさまざまな
問題も解決

相続税の申告後も、相続した不動産の運用や売却、貸家を相続した人の確定申告、次の相続の対策など税金に関する問題が続く場合が多くあります。

相続後のこれらの問題に関しても、顧問税理士として末永くサポートさせていただきますのでご安心ください。

専門家グループによる
トータル・サポート

税に関することはもちろん、遺産分割の仕方や不動産登記などの様々なご相談についてもお任せください。
司法書士・弁護士などそれぞれの分野の専門家と組んで、トータル的に解決する体制を準備しています。

岡山県全域で対応可能です。

遺産相続の手続きの流れ

1 遺言書の有無を確認
被相続人が亡くなった後は、まずは遺言書が無いか必ず確認しましょう。
2 相続人の確認
遺言書の有無に関わらず、誰が相続人なのかチェックする必要があります。
相続人は、被相続人の生まれてから亡くなるまでの戸籍により確認を行います。
3 相続財産の財産目録作成
相続財産には、現金・預貯金・土地家屋のようなプラスの財産だけでなく、借金のようなマイナスの財産も含まれます。

マイナスの財産がたくさんあるような場合は、相続放棄や限定承認によって大きな損失を抱え込むことを回避できます。
なお、相続放棄や限定承認は、相続開始後3ヶ月以内に行うのが基本です。
4 亡くなった方の所得税の準確定申告
被相続人が亡くなった年の1月1日から亡くなった日までの所得については、相続開始後4ヶ月以内に準確定申告を行わなければいけません。
ただし、準確定申告を行わなくてよい場合もありますので、事前にしっかりと確認しましょう。
5 遺産分割協議
相続人全員で遺産をどう分けるか協議します。協議は相続人全員の合意により成立します。
なお、相続人全員の合意があれば、遺言書の内容と異なる分け方も可能です。
6 名義変更
預貯金・土地建物・車などの財産名義を、被相続人から相続人に変更する手続を行います。
なお、この手続きに関しては相続税の申告後でも問題ありません。
7 相続税の申告・納付
相続税が発生する場合、申告・納付は相続開始後10ヶ月以内に行います。
相続税の制度や手続きなど、
相続税に関するよくある質問に
お答えしています。
相続税Q&Aを見る

事務所紹介 サービス紹介
電話 電話する 事務所 事務所紹介 サービス紹介 サービス紹介 ページトップ ページトップ