よくある質問

相談は無料ですか?
無料の場合と、相談料5,000円を頂いている場合がございます。

無料の場合とは、引き続き顧問契約、相続税の申告をさせていただく継続的なお付き合いになる場合です。
相談料5,000円の場合とは、比較的シンプルなご相談で、その場で完結出来るご相談の場合です。

その他の料金については以下のぺージで記載しておりますので、よろしければご覧ください。
会計ソフトを導入したいのですが、どのようにすればいいでしょうか?
特にご希望がない場合は弥生会計をお勧めしています。
初心者でも入力などの操作性がよく、同時に税制改正などにもしっかり対応する信頼できるソフトです。

その他MFクラウドも対応可能です。

当事務所では導入前の段階からサポートを行っておりますので、お気軽にご相談ください。
相談内容が外部に漏れないか心配なのですが…。
税理士には、法律による守秘義務が課せられており、業務の過程で知りえた相談者・依頼者の情報を漏洩してはならないと決められています。
なお、違反した場合には2年以下の懲役又は20万円以下の罰金が科せられます。(税理士法第60条)

よって、お客様のご相談内容が第三者に漏れることは決してありません。
どんな内容でも安心してご相談ください。
小さな会社でも対応していただけますか?
大歓迎です。現在の顧問先様も、中小企業として大活躍されているお客様ばかりです。

すでに起業されている方、これから起業しようとお考えの方も、お問い合わせをお待ちしております。
税務調査の立会いはしてもらえますか?
もちろんです。

ご自身で申告をされていらっしゃる方ももちろん税務調査対象なので、税務署から電話がかかってくることがあります。
経営者様おひとりでは、滅多にない経験のため心細くわからないこともあると思います。

ですがご安心ください。
当事務所では税務調査だけの立会もさせていただきます。

不安なことがある場合はおひとりで悩まず、お気軽にご相談ください。
自社で経理処理を行っているのですが、決算作業のみをお願いすることも可能ですか?
当事務所では、年一回の決算及び税務申告は原則行っておりません。

このような場合、期中の状況把握ができず何の対策もないまま決算を迎えるため、予期せぬ結果となることがあります。
お客様にご満足していただくためにも、定期的に経営状態をご報告し、必要な対策を検討・実行できるサービスプランをお勧めしております。

ただし、状況によっては決算作業のみをお引き受けできる場合がございます。
お困りの方はぜひ一度ご相談ください。
法人として起業についての相談をする場合、設立登記をしてからの方がいいですか?
できれば、起業前・会社設立前には必ず専門家に相談したほうがいいでしょう。

しかし、ご相談のタイミングは登記前後・銀行借入前後など、いつでも問題ありません。
中には、起業するか否かの段階でご相談に来られる方もいらっしゃいます。

「起業しよう」と思い立ったら、まずは一度お問い合わせください。全力でアドバイスさせていただきます。

事務所紹介 サービス紹介
電話 電話する 事務所 事務所紹介 サービス紹介 サービス紹介 ページトップ ページトップ