岡山・倉敷の税務ならお任せください
三矢達朗税理士事務所

新着情報

相続税はどのような財産にかかるのでしょうか?

相続税はどのような財産にかかるのでしょうか?

2020/01/13
相続税Q&A 税制度について

相続税のかかる財産は、原則的に金銭的な価値のあるすべての財産です。 不動産や銀行預金から株、貸付金、家庭用の動産(自家用車、テレビ等々)まですべてが税金の対象です。 生命保険には相続税がかからないと思っている人も少なくあ…この記事の続きを読む

贈与税の配偶者控除とはどのような制度でしょうか?

贈与税の配偶者控除とはどのような制度でしょうか?

2020/01/12
相続税Q&A 税制度について

婚姻期間が20年以上の配偶者から居住用不動産又は金銭を取得した者が、その取得の日の翌年3月15日までにその居住用不動産をその者の居住用に供し、かつ、その後引き続き居住の用に供する見込みである場合又は金銭の贈与を受けた日の…この記事の続きを読む

生前贈与が相続税の対象になる場合:3年以内の贈与

生前贈与が相続税の対象になる場合:3年以内の贈与

2020/01/11
相続税Q&A 税制度について

相続又により財産を取得した人が、その相続開始前3年以内にその相続に係る被相続人から贈与により財産を取得していた場合には、その贈与財産の価額を相続税の課税価格に加算して相続税の総額や各相続人の相続税額を計算します。 その贈…この記事の続きを読む

相続時精算課税とはどのような制度でしょうか?

相続時精算課税とはどのような制度でしょうか?

2020/01/10
相続税Q&A 税制度について

「相続時精算課税制度」は、60歳以上の父母または祖父母から20歳以上の子・孫への生前贈与について、子・孫の選択により利用できる制度です。 贈与時には贈与財産に対する軽減された贈与税を支払い、その後相続時にその贈与財産とそ…この記事の続きを読む

「相続人」になるのは、どのような人でしょうか?

「相続人」になるのは、どのような人でしょうか?

2020/01/09
相続手続きについて 相続税Q&A

相続人の範囲や法定相続分は、民法で次のとおり定められています。 相続人の範囲 死亡した人の配偶者は常に相続人となり、配偶者以外の人は、次の順序で配偶者と一緒に相続人になります。 第1順位 死亡した人の子供 その子供が既に…この記事の続きを読む

土地を持っている場合にアパートやマンションを建てて賃貸すると相続税が安くなるというのは本当でしょうか?

土地を持っている場合にアパートやマンションを建てて賃貸すると相続税が安くなるというのは本当でしょうか?

2020/01/08
相続税Q&A 不動産について

相続税が安くなるというのは本当です。 アパートを建てた土地は 第一に、小規模宅地等の特例により評価額を減額することができます。(適用要件が複雑なので実行前に検討が必要です。) 第二に、アパートが建っている土地は「貸家建付…この記事の続きを読む

相続税は、どれくらい財産があるとかかるのでしょうか?

相続税は、どれくらい財産があるとかかるのでしょうか?

2020/01/07
相続税Q&A 税制度について

相続税の基礎控除は遺産の額が基礎控除を超える場合に申告が必要になります。 お亡くなりになられた方の相続財産が基礎控除以下であれば、相続税はかかりません。 遺産にかかる基礎控除は下記で計算した金額となります。 基礎控除は平…この記事の続きを読む

相続の放棄とはどのようなものでしょうか?

相続の放棄とはどのようなものでしょうか?

2020/01/06
相続手続きについて 相続税Q&A

相続が開始した場合、相続人は次の3つのうちのいずれかを選択できます。 1.相続人が被相続人(亡くなった方)の土地の所有権等の権利や借金等の義務をすべて受け継ぐ単純承認 2.相続人が被相続人の権利や義務を一切受け継がない相…この記事の続きを読む

Recent Posts
Category
事務所紹介 サービス紹介
電話 電話する 事務所 事務所紹介 サービス サービス ページトップ ページトップ