アイキャッチ

生前贈与が相続税の対象になる場合:3年以内の贈与

相続又により財産を取得した人が、その相続開始前3年以内にその相続に係る被相続人から贈与により財産を取得していた場合には、その贈与財産の価額を相続税の課税価格に加算して相続税の総額や各相続人の相続税額を計算します。

その贈与財産について贈与税が課税されている場合には、その贈与税額のうち、相続税の課税価格に加算された贈与財産の価額に対応する部分は、贈与税額控除により相続税から控除されます。

※被相続人から相続開始前3年以内に贈与を受けた者であっても、その者が相続又は遺贈により財産を取得しなければ、その贈与財産が相続税の課税価格に加算されることはありません。

相続税Q&Aの一覧へ戻る
Recent Posts
Category
事務所紹介 サービス紹介
電話 電話する 事務所 事務所紹介 サービス紹介 サービス紹介 ページトップ ページトップ