私の経営学

はじめての10連休

2019/ 5/ 9 更新
GW10連休が終わりました。

 私は事務所が自分の部屋みたいなものなので半分以上、出社しましたが皆さんはいかがでしたでしょうか。

 休みながら思ったのですが『消費を刺激して景気を良くする』とか『労働時間を削減して生産性を向上する』という話がありますが、自分の実感ではそうはならないように感じました。

 私や事務所スタッフが休んでいる間、私の事務所では売上は上がりません。これは他の多くの会社も
同じです。後でその分を取り戻さない限り売上減少です。

 消費=生産なら、消費が増えたら生産も増える→経済が成長する(GDPが増える)、景気が良くなる、
という考えですが、今の社会は必ずしも、“消費=生産”ではなく、生産しなくても商品やサービスを外国から輸入すればいいからです。外国の誰かが働いて生産したものを買うことが出来る、そのほうが楽だからです。

 一時期(今も?)、ギリシャやイタリアの経済が危なかったのは
自分自身で生産する量以上に消費したからでそれと同じことになってしまいかねないのでは、と。

 
 だから少々、消費が増えても経済は伸びないのではないか、経済が伸びるにはあくまでも生産を増やさないといけないのではないかと、少なくとも自分の職場はそうだし、他の多くの職場もそうなんじゃないかと思いながら過ごしたGWでした。