私の経営学

キリンの首はいつ伸びたか?

2018/ 3/ 5 更新
キリンの首


 キリンの首が長くなったのはいつからでしょうか。ダーウィンの進化論によれば長い年月をかけて進化と淘汰の過程で首の長いものが生き残っていったと考えられます。

 だとしたら今のような長い首になる前に、中ぐらいの長さの首のキリンがいた時代があったのでしょうか。しかしそのようなキリンの化石は見つからないそうです。たくさんの動植物の化石が発見されているのにそういう化石がないのは不自然です。ちなみにキリンは馬ではなく牛の仲間だそうです。“モー”と鳴くそうです。(ただし最近のネット上の情報はどこまで本当かわかりません)

 人間はいつから全身を覆う毛がなくなったのでしょうか? 少しずつでしょうか、ある日突然でしょうか。いずれにしろ毛がなくなっていく方向ですから“ハゲ”はより進化した人間と言えます。2,000年後ぐらいには頭に毛が生えている人は笑われているかもしれません。

 確定申告の繁忙期にバカなことを考えています。