岡山の税理士事務所
三矢達朗税理士事務所
アイキャッチ

相続税Q&A

相続税の計算で土地の金額は固定資産税評価額でいいのでしょうか?

相続税の計算で土地の金額は固定資産税評価額でいいのでしょうか?

2022/06/04
不動産について

相続税や贈与税を計算するときに、相続や贈与などにより取得した土地の評価額を算定する必要があります。 その評価方法には、路線価方式と倍率方式があり、倍率方式は市町村が算定した固定資産税評価額がベースになりますが、路線価方式…この記事の続きを読む

遺産が不動産しかなく、複数の相続人で分けにくい場合 >> 代償分割

相続手続きについて

複数の相続人で遺産の大部分が不動産で均等に分けにくい場合、遺産が不動産しかない場合、 価値に大きな差がある場合にも代償分割は有効です。例えば、金額的に均等に分けたいのに長男が3,000万円の土地を、次男が1,000万円の…この記事の続きを読む

相続税を納付する現金があるか不安です。

その他

相続税は相続発生の10ヶ月後が納付期限になります。事前に財産の内容を知らない相続人さんは相続税を納める資金があるのかどうか不安になることもあると思います。 一つの選択肢として財産(現金)を生命保険(一時払い終身保険)にし…この記事の続きを読む

相続税の申告をすると税務署の人が調べに来るのでしょうか?

その他

『相続税の申告をすると税務署の人が調べに来るのでしょうか?』 とてもよく聞かれる質問です。遺産総額が一定の金額(たとえば2億円)以上になると高確率で税務署の 税務調査があるイメージです。そうでなければだいたい1/3ぐらい…この記事の続きを読む

複数の人から贈与を受けたとき(暦年課税)

税制度について

複数の人から贈与を受けたとき(暦年課税) 暦年課税の場合、贈与税はその年の1月1日から12月31日までの1年間に、贈与により取得した財産の価額の合計額から基礎控除額の110万円を控除した残りの額に対して課税されます。 こ…この記事の続きを読む

公正証書遺言とは

公正証書遺言とは

2022/04/14
お知らせ相続手続きについて

公正証書遺言 最近、遺言を作成する人が増えているそうです。遺言は自分で作成することも可能ですが司法書士さんにお願いすることをオススメします。※税理士より司法書士さんの専門分野になります。 公正証書遺言というのは、公証役場…この記事の続きを読む

相続税の計算では、土地や建物はどのように評価額を計算したらいいの?

不動産について

相続税や贈与税を計算するときに、相続や贈与などにより取得した土地や家屋を評価する必要があります。 土地の場合 土地は、原則として宅地、田、畑、山林などの地目ごとに評価します。 土地の評価方法には、路線価方式と倍率方式があ…この記事の続きを読む

相続税がかからない財産には、どのようなものがありますか?

税制度について

相続税がかからない財産のうち、主なものは次のとおりです。 1.墓地や墓石・仏壇・仏具・神を祭る道具など日常礼拝をしている物 ただし、骨とう的価値があるなど投資の対象となるものや、商品として所有しているものは相続税がかかり…この記事の続きを読む

相続税の申告期限までに遺産分割の内容が決まらない場合はどうなるの?

税制度について

相続税の申告期限までに遺産分割が出来ていない場合でも、申告と納税が必要です。 この場合は法定相続分で申告することとなり、各種の特例を受けることが出来ません。 ただし、相続税の申告書に「申告期限後3年以内の分割見込書」を添…この記事の続きを読む

生命保険にも相続税がかかる場合があるということですが、どのような場合にかかるのでしょうか?

税制度について

被相続人の死亡によって取得した生命保険金や損害保険金で、その保険料の全部又は一部を被相続人が負担していたものは、相続税の課税対象となります。 この死亡保険金の受取人が相続人(相続を放棄した人や相続権を失った人は含まれませ…この記事の続きを読む

Recent Posts
Category
事務所紹介 サービス紹介
電話 電話する 事務所 事務所紹介 サービス サービス ページトップ ページトップ